ニキビを潰すとどうなるの?治るの?悪化するの?

a0001_017426

ニキビには、悪化の段階があります。
「白ニキビ」→「黒ニキビ」→「赤ニキビ」→「黄色ニキビ」→「紫ニキビ」といった順です。
初期段階の白ニキビや、黒ニキビは、潰してしまった方が早く治るとか、潰さずに放っておいた方が早く治るとか、意見は様々です。

実際のところはどうなんでしょうか?

 

1・ニキビは潰していいの?こんな潰し方は?

a0001_017419
1-1・ニキビを爪で潰す。

白くプツッっとできた白ニキビ。

それが酸化して、黒くなった黒ニキビ。

出来てしまうと、ついつい潰したくなります。

なぜ潰したくなるんでしょう?

理由としては、膿を出すイメージから、早く治るのでは?

と感じること。

ニキビが膨れて目立っている場所を潰すことにより、目立たなくなること。

などの理由があげられます。

こんなニキビを爪でプチッっと潰して、中身をさっっと拭き取ればいいのでは?

この爪で潰すという行為はかえってニキビを悪化させる原因を持っています。

理由としては、「ばい菌」と「傷口」です。

爪に潜んでいる「ばい菌」が、かえってニキビを悪化させる可能性があります。

また、爪で潰すことにより、毛穴以上の傷口をつくってしまい、ニキビ痕が残る可能性が出てきます。

とても早く治るとは言えません。

絶対にやってはいけないニキビケア方法の一つです。

1-2・ニキビをピンセットなどで潰す。

爪がダメであれば、ピンセットなどの器具を消毒して使えばいいのでは?

こちらも、いいとは言えません。

ピンセットなどを使用して、ニキビの表面に穴を開けたり、ピンセットなどを使いニキビを取り出すと、やはり毛穴を傷つけることになり、毛穴が大きくなります。

大きく穴が開けば、修復は難しくなります。

結果、ニキビ痕が残りやすくなってしまいます。

ニキビが早く治るかという点だけを考えれば、一時的によくなる可能性はありますが、その代償が大きすぎます。

また、すぐ炎症を起こし、もっとひどいニキビになってしまう可能性もあります。

こちらもやってはいけないニキビケアですね。

1-3・病院へ行きニキビを潰す。

ニキビの初期段階、白ニキビや黒ニキビで、病院へ行った場合、「面皰圧出」という治療が主に行われます。

金額も、500円から1,000円程度と、比較的安く行えます。

専門器具を使い、ニキビの中に詰まっている膿や皮脂、古い角質などを出します。

保険も適用される治療方法です。

医療機関での治療ですから、悪いはずはありません。

治りも早く、即効果という治療方法です。

しかしながら、ニキビのできる根本的な原因を治療するわけではないため、一時的な治療法ということになります。

「潰す」と考えた場合は、こちらの方法しかないのではないでしょうか。

2・面皰圧出っていったいどんな治療?

a0002_008694

初期段階のニキビ治療のため病院へ行くと、「面皰圧出」という治療が主に行われます。

この「面皰圧出」とはいったいどんな治療方法なんでしょう?

「面皰圧出」は、まずニキビ先端に消毒した針またはレーザーで開けます。

その後、アクネプッシャー(面皰圧出器)という専用の器具を使い、毛穴にある膿や皮脂、古い角質などを押し出します。

この時に、ニキビの先端に小さな穴を開けるといった前処置を施していますから、押し出す圧力で毛穴が大きくなってしまう心配や、皮膚が破れてしまうといった心配もありません。

また、レーザーを使ってニキビに穴を開けた場合は、レーザーの熱作用で毛穴が殺菌されます。

また、皮脂線も熱による影響を受け、同じ箇所にはニキビができにくくなります。

市販でアクネプッシャーが販売されているようですが、知識なく使用すると、失敗する可能性が大きくなります。

潰す場合は、病院での行うことをおすすめします。

 

3・「ニキビを潰しちゃった。」体験談。

a0001_017430

ニキビを実際に潰したことのある方の体験談は、いったいどんなものがあるんでしょう?

3-1・マツイハダ

友人男性から、「おまえ、「マツイハダ」だな~」と言われました。

???

「マツイハダ」ってなんだろう?

それを聞いた時には、なんのことやらさっぱりでした。

しかし、家に帰り、ネットで調べると、元巨人軍の「松井秀喜」さんが登場。

「松井肌」ね。

ブツブツの肌!

これか!!

バービー肌とか、ブラマヨ吉田肌だったらわかったのに・・。

昔ニキビをつぶしまくっていた私。

頭にくるやら・・恥ずかしいやら・・

ニキビを潰しちゃダメですよ。

一生後悔します!

3-2・ケミカルピーリングが高くて!

大人になってできる肌のポツ。

ニキビ?それとも吹き出物?

とりあえず市販のニキビケア商品では治らなかったので、友人に相談したところ、その友人も昔いったことがあるという近くのクリニックを紹介されました。

「薬買うより安いよ!」ということだったので、財布に1万円を入れていざクリニックへ。

診察を受けると、いろいろな治療方法があることにびっくりしました。

そのなかで、「ケミカルピーリング」という治療方法を進められました。

なんでも、フルーツ酸を塗って、古い角質や汚れを落とすといったようなものでした。

「料金はどのくらいなんです?」とたずねると、「5回のコースで、今なら28,000円のところ22,500円でできますよ。」とのこと。

一気に血の気が引いていきました。

そんなに高いんだ・・!

「もっと安いのは何かあるんですか?」とたずねると、「面皰圧出」といったものがあるとのこと。

こちらは、ニキビの先端に穴をあけて、膿を取り出すそうです。

料金を恐る恐るたずねると、「一か所500円です。」

いきなり安い!

「じゃあ、それでお願いします。」

とりあえず2か所で1,000円。

初診料で3,000円とられたので、計4,000円でした。

肌もきれいに。

満足でした。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加