“カサカサ”、”ザラザラ”の乾燥肌をどうケアすればいいの?

hada9

肌が乾燥すると、肌にいいことは全くないと言っても過言ではありません。

赤ちゃんの肌のようにみずみずしい肌を手にいてることは不可能ですが、年々水分を失っていく肌にstopをかけるのは自分の努力しかありません。

正しいケア方法で、乾燥肌を防ぐにはいったいどうしたらいのでしょう?

1・皮膚の乾燥に大きなかかわりを持つ3大要素とは?

a0001_013666
皮膚の乾燥はどうして起こるんでしょう?

その原因は、もちろん皮膚から水分が逃げていくこと。

保湿が維持できないことです。

この保湿維持をするためには、「皮脂膜」、「天然保湿因子(NMF)」、「角質細胞間脂質」の3つが大きくかかわっています。

1-1・皮脂膜

皮脂は、1日に約1~2g分泌されます。

この皮脂が、汗などと混ざり、皮脂膜を作ります。

この皮脂膜は、”天然のクリーム”ともいわれるほど、肌を正常な状態に保つための重要な働きをしています。

皮脂膜は保湿に対して直接的な役割は低いものの、肌バリア機能を維持するうえでは欠かせないものです。

その下で肌の保湿を守るものたちを守る役割を果たしています。

1-2・天然保湿因子(NMF)

角質細胞内に存在する天然保湿因子は、アミノ酸、ピロリドンカルボン酸、ミネラル、尿素などによって構成されています。

天然保湿因子は、表皮の上から2番目の層、”顆粒層”の細胞内のタンパク質が一番上の層の”角質層”に押し上げられていく過程で生成されます。

天然保湿因子には、水分を吸着して角質層に保持する力があります。

肌の水分保持力に重要な役割を果たしています。

また、肌のターンオーバーにも重要な役割を果たしているんです。

1-3・細胞間脂質

肌の水分維持のためには一番重要な要素と言えます。

細胞間脂質は、セラミド、遊離脂肪酸、コレステロールなどからできています。

細胞間脂質は、角質細胞の隙間を埋める役割を果たしていますから、角質細胞の隙間から逃げていく水分を防ぎますし、外部から侵入も防いでくれます。

この細胞間脂質が乱れると、角質細胞に隙間ができ、肌の水分は必要以上に蒸発していってしまうというわけです。

2・皮膚が乾燥すると、こんなに恐ろしい症状が発症!

a0002_004122

2-1・皮膚の乾燥による脅威その1 「大人ニキビ」

ニキビは思春期などに発症する、若い人だけの問題と誤解している人もいるようです。

どちらかといえば、深刻なのは大人になってからできるニキビなんです。

この大人ニキビは、治りずらく、また治ったと思っても再発することが多いニキビなんです。

そんな大人ニキビの大きな原因の一つに、”肌の乾燥”があります。

肌が乾燥することにより、肌は硬くなっていきます。

そうなると毛穴が水分を失い、柔軟性がなくなり、毛穴は細くなっていきます。

ここに乾燥して古くなった角質が、皮脂と混ざり、毛穴を詰まらせる角栓となります。

すると、詰まった毛穴内部では、アクネ菌により炎症を起こします。

結果、大人ニキビが発症するというわけです。

悪化すると、”肌の陥没”などを起こしてしまう、とても恐ろしい脅威なんです。

2-2・皮膚の乾燥による脅威その2 「シワ」

目の周りや、口の周り、額など、シワが気になることがあると思います。

これは、肌の水分が不足していることを察知し、これ以上の水分の蒸発を防ごうとする防御反応が原因の可能性があります。

水分蒸発の危機に対して、肌は角質細胞の増殖を始めます。

一見悪いことにではないように思いますが、余計に角質細胞を増やすことにより、角質層のキメが乱れ、隙間ができます。

これが”シワ”になるんです。

最初のうちは、細く細かいシワなんですが、そのシワ同士がくっつき、太いシワへと変化していきます。

早めの対処がとても重要なんです。

2-3・皮膚の乾燥による脅威その3 「たるみ」

肌の張りや弾力を保つ成分は、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンが必要です。

皮膚が乾燥すると、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンが減少していくため、皮膚に”たるみ”を発生させてしまうというわけなんです。

3・教えて!皮膚の乾燥を防ぐ3つの手段とは!?

hada17

3-1・室内を加湿。

外気が乾燥していると、少なからず皮膚の水分も蒸発します。

冬場などの乾燥しやすい時期は、部屋の加湿を心がけましょう。

3-2・食事で内面的なケア。

肌の保湿を食事によりケアしようとすると、ビタミンA、B、C、E、セラミド、α-リノレン酸、亜鉛などが含まれるものを摂取するといいでしょう。

ビタミンA、B、C、Eなどは、聞きなれた成分ですが、あまり聞きなれない”セラミド”は、ゴマやアーモンドなどの豆類に多く含まれていますし、もっと聞きなれない”α-リノレン酸”は、コンニャクやしらたき、ひじき、ワカメなどに多く含まれています。

3-3・簡単そうで一番難しいケア方法! 「生活習慣」

一番簡単にケアができそうに感じても、なかなかできないのが、生活習慣の改善です。

その原因に、睡眠不足やストレス、前項で述べた食事に関しても、偏食や食事をする時間などが問題になります。

一つでも、少しでも改善すると、大幅に乾燥肌が改善される可能性があります。

できることから少しずつ生活習慣を修正してみてはいかがでしょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加