色白の人に多いと言われる”そばかす”これはシミ?

a0055_000499

夏の強い日差しを受けると、日焼けをしたり、シミができたりしますよね?

でも、”そばかす”はどうなんでしょう?

この”そばかす”もシミと同じ原理なんでしょうか?

1・先天性と後天性。”そばかす”はどっち?

a1640_000219

“そばかす”は、雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれ、顔や肩、背中などでき、白人や、肌の白い人に起きやすい肌トラブルの一つです。

生まれながらにして、遺伝的要素が影響する「先天性」。

逆に、成長していくうえで起こる遺伝とは全く無関係の「後天性」。

数ある肌トラブルも、もしかすると後天性と思っていても、先天性的要素が含まれるものがたくさんあるのかもしれませんが、”そばかす”は、先天性的要素が原因で発症することが多いものです。

ですから、あまり肌トラブルのない、子供のころに発症したりします。

また、後天性の場合、紫外線を吸収し切れずに肌を傷つけてしまい、そばかすを発症させてしまいます。

色が白い人は、肌のメラニン色素が少ないため、色黒の人と比べると、より紫外線の影響をうけ、そばかすを発症させてしまいます。

2・そばかすは治るの?

a0001_014296

2-1・自然治癒

“そばかす”は優性遺伝です。

あまり肌トラブルのない、子どものころから発生しているそばかすは先天的な要因が大きいと言えます。

ただ、この先天的な要因で発生しているそばかすは、ある程度年齢を重ねると自然と薄くなっていくことが多いんです。

だからと言って、必ず治るという保証はありませんが、あまり焦る必要もないかと思います。

2-2・科学的治療

後天性で発生した”そばかす”については、何らかの原因によりそばかすが発生しています。

メラニン色素が影響していますから、紫外線が大きな要因と疑ってもいいかもしれません。

ただ、間違った洗顔やスキンケア、ストレスやビタミン不足、生活習慣の乱れなどからも発症すると言われていますから、細かい改善意識が重要とも言えます。

3・そばかすの治療法は?

a0001_017419

3-1・レーザー治療

クリニックなどへ行くと、そばかす治療にレーザーを使用する場合があります。

昔は肌全体をレーザー照射してしまうせいで、そばかすの周りの皮膚まで傷をつけてしまう恐れがあったんですが、現在は、そばかすにピンポイントで照射されるようで、とても有効な治療方法とされています。

治療費としては、3千円から1万円程度。

数回通って、10万円近くかかる場合もあるようです。

保健はききません。

また、初診料等もかかりますから、必ず治療費がいくらかかるのかを確認することをおすすめします。

3-2・フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは、IPL(Intense Pulse Light)というやさしい光を、”そばかす”に照射。

すると、そばかすに当たった光のエネルギーは熱に変わり、そばかすの原因となるメラニンにダメージを与えます。

フォトフェイシャルは、治療後に治療部位を保護する必要がないため、すぐにメイクなども可能で、ダウンタイムがほとんどないので、とても人気のある治療方法になっています。

治療費は、1回で1万円から3万円。

1度だけでなく、5回程度の施術が必要なため、こちらも金額をあらかじめ確認することをおすすめします。

3-3・薬の服用

そばかすの治療において、”ハイドロキノン軟膏”や”トレチノイン軟膏”のような、塗り薬、また、”トランサミン”などが含まれる内服薬があります。

ハイドロキノン軟膏は、「お肌の漂白剤」ともいわれるほど肌を白くします。

必ず専門医に指示のもと使用をするよう注意が必要です。

また、トレチノイン軟膏は、そばかすだけではなく、シミやニキビの改善にも使用されます。

その成分”トレチノイン”は、ビタミンAの誘導体で、効果はビタミンAの50~100倍といわれています。

肌の新陳代謝を促進させ、ターンオーバーを正常化する働きがあるビタミンAですから、シミ、そばかす、ニキビなどの治療薬として使用されているんですね。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加