痛い!で気づくおしりのニキビ。できる前のケアを!

-shared-img-thumb-PAK72_kawamurasalon15220239_TP_V

おしりは死角部分。
気づいてケアということが行われがちな部分です。
しかしながら、おしりはニキビが発症する条件が整いすぎています。
日頃からのちょっとしたケアが重要と言えます。

1・座ると痛い!おしりのニキビって?

-shared-img-thumb-PA151026033997_TP_V

ニキビと聞くと、ついつい顔。

と思いがちですが、皮脂腺があるところにニキビありで、体中のいたるところにニキビは発症します。

どこにできても、ニキビは嫌なものですが、おしりにできると、椅子に座るだけで痛いですよね?

そもそもおしりのイメージは、柔らかくて、プルプルしているようにも思えますが、実はその肌の表面は硬いんです。

考えてみればそうです。

生まれて、お座りができてからずっと座るという習慣がありますよね?

おしりは、この体をず~っと支えてきているわけですから、厚くもなり、硬くもなるわけです。

また、常に肌へ刺激を加えている部分ですから、角質化も進み、毛穴をふさぎ、アクネ菌を増殖。

皮脂分泌が多いので、ニキビにとっては絶好の場所とも言えます。

2・おしりニキビを引き起こす3つの要因とは?

-shared-img-thumb-150912335966_TP_V
2-1・下着がもたらすお尻への刺激

常にお尻と密着している下着。

この下着がおしりにとって、様々な影響を及ぼしています。

一つ目に、サイズの合わない下着の場合ですが、サイズが合わない下着を身に着けていると、おしりを常に圧迫した状態になります。

すると、血行も悪くなり、肌のターンオーバーが遅くなります。

二つ目に、素材です。

ナイロン製などの、化学繊維でツルツルした素材のものは通気性が悪く、ムレやすくなります。

ムレるということは、保湿されるわけですから、肌にいいのでは?

と思う方もいるかもしれませんが、きれいな水分ではありませんよね?

その部分に細菌が繁殖しやすくなり、肌を悪化させてしまうんです。

少しカッコは悪いかもしれませんが、綿100%の下着などが肌にはいいですね。

そして、三つ目に刺激です。

常に身につけている下着です。

おしりに摩擦などの刺激を常に与えますから、角化が進み、毛穴を詰まらせ、ニキビを発症させるとなるわけです。

2-2・早くてもNG!ターンオーバーの乱れ。

おしりニキビの原因としては、ターンオーバーの乱れも考えられます。

ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのことですね。

こおターンオーバーは、肌を生まれ変わらせてくれるんですから、頻繁に行われた方がいいと思いがちですが、そうではないんです。

もちろんターンオーバーが遅くなると、肌の生まれ変わりが遅くなるわけですからいいとは言えません。

ではなぜターンオーバーが早くてもダメなんでしょうか?

ターンオーバーが早くなると、角質の生成も多くなります。

これを「過角化」といいます。

角質が必要以上に多くなっていき、その角質はどんどん厚みを増していきます。

肌が硬くなると、毛穴への皮脂詰まりが起こります。

結果、ニキビが発生するというわけですね。

2-3・大人ニキビの原因には必ずホルモンバランスが!

おしりにできるような大人ニキビは、思春期にできるニキビとは、原因も異なり、ケア方法も異なります。

また、この大人ニキビの原因にもさまざまな理由があります。

しかしながら、大人ニキビに共通していえる原因の一つに、ホルモンバランスの乱れがあります。

これは、女性が持つ2つのホルモン、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが関係しています。

肌のトラブルは、黄体ホルモンが多く分泌される場合に起こりやすく、その原因は、睡眠不足であったり、ストレスであったり、お酒の摂取であったりとこちらも様々です。

規則正しい生活習慣を心がけることにより、ホルモンバランスを整えることが可能です。

2-4・シャンプー、リンスなどの洗い残しがおしりに!

お風呂に入り、まずメイクを落とします。

そして髪を洗います。

髪の汚れや、シャンプーやリンスの成分が体に付着します。

体を洗います。

これで、体の汚れはとれたはずです。

その後に顔を洗顔。

この体を洗った時の汚れや、シャンプーやリンスの成分がまだ体に残っていることが多いんです。

その後の洗顔においても、洗い流した汚れが体に付着することがあります。

洗い流す成分ですから、悪くはないようにも思えますが、シャンプーやリンスには、髪を守るためのコーティング成分が含まれているため、その成分が体に付着すると毛穴を塞いでしまいます。

体に流れてきたシャンプーやリンスの洗い残しが無いように気を付けましょう。

3・おしりニキビは、どうケアすればいいの?

-shared-img-thumb-150912275732_TP_V

おしりは意外にもニキビができやすい条件のそろった場所です。

随時、摩擦や圧迫、ムレなど、よくない刺激を受け続けています。

難しい事ですが、あまり刺激を与えないよう、下着の素材を肌に優しものにしたり、サイズのあったものを選んだりしましょう。

また、ホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活を心がけることが重要です。

睡眠をしっかりとり、脂肪分や糖分あまり摂りすぎないよう気を付けることも重要です。
角質を硬くさせないために、うるおい成分を補充してあげることも効果がありますね。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加