皮脂の量も少ない「ほほ」になぜニキビが?

a0002_008694

「ほほ」は顔の多くを占める部分。

ここにニキビがあると、お化粧もしにくくなりますし、目立ちますよね。

頬は皮脂の量も比較的少ない場所なのに、いったいなぜニキビが発生してしまうんでしょう?

1・早く治したい!目立つ「ほほ」のニキビ!

a0002_008646

ほほにニキビができるのがわかると、とてもブルーな気持ちになりますよね。

でも、たぶん何らかの原因に身に覚えがあるのではないでしょうか?

このほほにできるニキビは様々な原因が考えられます。

食生活の問題、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、などなど。

原因を考え、改善することにより、ほほのニキビができにくくすることができますし、また、ケアすることにより、できてしまったほほのニキビを悪化させることなく治していくことができるんです。

2・体内部の異常!ほほにニキビができる要因とは?

a0001_017426

2-1・胃の不調から「ほほ」にニキビ!?

ほほにできるニキビとなると、外敵要素が多いように感じますよね?

外にあたる面積も広い事ですしね。

でも、実は内的要素が非常に関係しているんです。

まず「胃の不調」もほほのニキビの原因です。

胃の調子が悪くなると、胃に血液が多く集められてしまい、全身に血液が行きわたらなくなります。

すると体全体の代謝機能が低下していきます。

結果、肌へのトラブルをも促進させてしまうんです。

また、胃の調子が悪くなると、消化不良を起こすことになっていきます。

本来胃でしっかりと消化しなくてならなかったものが、消化できずに流れていってしまいます。

胃が自分の役目を果たせなかったら、その負担はどこに回ってくるんでしょう?

仕方がありません。

腸で消化するしかありませんよね?

でも、その腸にだって本来やるべき仕事があるんです。

そうなると、腸もまた自分の役割を果たせなくなる可能性でてくるというわけなんです。

2-2・腸の不調から「ほほ」にニキビ!?

胃で消化しきれなかった分の負担などとは別に、腸が不調だった場合、腸の仕事が上手にできなかったりします。

そこを無理に頑張ろうとすると、やはり血液が腸に!

するとやはり同じで代謝機能が低下が起こってしまうんです。

胃腸が荒れている事とほほにできるニキビにはこういった関係があるんです。

2-3・便秘や肝機能障害から「ほほ」にニキビ!?

便秘とは、本来排出すべき老廃物が、腸内に長時間便が留まってしまう状態のことをいいますよね?

この老廃物を長時間腸内に留めておくということは、腸に毒素がどんどん蓄積されている状態なんです。

腸内で留まってしまった老廃物は時間が経つごとに、少しずつその毒素のある水分が吸収されていきます。

すると、その吸収された毒素が血液に溶け込み、体全体にその毒素を循環させてしまうんです。

結果、肌にも影響が!

また、肝臓の機能が低下した場合も同じことが言えます。

肝臓は、毒素を無毒化しようとする臓器です。

同じく毒素を無毒化できなければ、体全体に毒素が行きわたります。

敏感な肌へ真っ先に影響が出るというわけなんですね。

3・「ほほ」のニキビはどう対処、対策をすれないいの?

a0001_017430

3-1・「ほほ」のニキビに内面的なケア!

ほほのニキビに、胃腸の不調であったり、肝臓の不調が影響します。

胃腸や肝臓に負担をかけるものとして、糖分や脂肪分の多いものがあげられます。

お菓子・ケーキ・チョコレートなどの甘くて、糖分、油分のあるもの、油で揚げる食品なども避けるといいかもしれません。

適度が一番です。

糖質や脂質の取り過ぎには注意が必要と言えます。

3-2・「ほほ」のニキビに外的なケア!

内面的なケアが必要なのはわかりますが、これがなかなか難しかったりします。

食べ物にはかなり気を付けているが、日ごろのストレスや睡眠不足から、胃腸に影響を及ぼす場合もあります。

いわゆる肌にニキビのできにくい環境を与えてあげれば、ニキビはできにくくなるはずですよね?

その必要なものとは、ズバリ「保湿」と「バリア機能」でしょう。

肌が乾燥すると、皮脂が少なくなります。

ではいいのでは?

と思ってしまうかもしれませんが、皮脂が少ないということは、肌の天然バリアである皮脂膜がしっかりと作れないということになります。

そうです。

「バリア機能」が低下してしまうというわけなんですね。

バリア機能が低下してしまうと、今度はどうなるかというと、肌から水分がどんどん失われていくわけなんです。

ますます乾燥した肌になっていくわけですよね。

肌が乾燥しすぎると、こんどはどんどんその肌は硬くなっていきます。

すると、毛穴はどんどん細くなり、ほんの少しの皮脂でも詰まるということが起きてしまうんです。

ですから、肌に保湿を与えてあげることが重要になるわけなんです。

バリア機能が正常でないと、いくら肌に水分を与えてもすぐに蒸発してしまいますから、バリア機能と保湿、この両方が大事ということになります。

余談ですが、ほほの片側だけにニキビができる場合は、枕カバーなどの寝具に菌が付着していて、その菌が頬に触れることが原因の場合があります。

ほほの片側に偏ってできる場合こういった注意も必要かもしれません。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加