あごにできるニキビのケア方法を間違えてはいませんか?

a0001_017606

あごにできるニキビは、属に大人ニキビの言われるあごニキビです。その原因と対策を間違えるとかえってあごのニキビを悪化させることになります。

あごのニキビにはあごのニキビの原因がありますから、正しいケアを心がけるようにしましょう。

1・あごのニキビって何がちがうの?

a0001_017605

一般的に「ニキビ」と聞くと、どこにでもできるもの。ポツンと赤く・・など。
顔をはじめ、体全ての部位に出てくるものですよね?

でも、そのひとくくりにされているニキビですが、いろいろな種類があることをご存知ですか?

発生する部位も違えば、発生する原因も違います。

原因が違うのですから、もちろんケア方法も異なります。

正しいケア方法がとても大事で、間違ったケア方法をしてしまうと、一層ニキビが悪化する可能性があります。

ここでは、「あごにできるニキビ」についてお話しします。

「あごにできるニキビ」ですから、「あごニキビ」

ですね。

このあごニキビは学生時代に鼻の周りであったり、Tゾーンであたりにできることが多かったニキビとは少し違うんです。

大人ニキビと呼ばれるものの一つで、学生時代にスポーツで汗を流してできたニキビとは違います。

この「あご」ですが、汗をかくイメージはあまりありませんよね?

汗をかかないのであれば、いつでも清潔なのでは?と思いますが、「あご」には皮脂腺が多く、皮脂が詰まりやすく、ニキビができると治りにくく、治ったと思っても再び発生することが多い少し厄介なニキビなんです。

2・あごにニキビができる5つの要因は?

a0001_017604

2-1.要因その1「メイクの洗い残し」

あごにニキビができる原因として、まず「メイクの洗い残し」が考えられます。

大人になると、どうしても化粧をするようになりますよね?

洗顔の時にこのメイクの洗い残しがあると、洗い残し部分の皮脂汚れが落とせず、ニキビが発生してしまうというわけです。

2-2・要因その2「過剰なストレス」

次に、「過剰なストレス」です。

ストレスというものは、あごのニキビだけではなく、いろいろな体調の変化や、体の変化をもたらします。

ストレスを感じると、ステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)や男性ホルモン(アンドロゲン)が分泌されるようになります。

このステロイドホルモンや男性ホルモンは、皮脂分泌を増加させる働きがあるので、結果あごにニキビをできやすくすることになってしまうんです。

2-3・要因その3「ホルモンバランスの乱れ」

「ホルモンバランスの乱れ」も要因の一つになります。

ストレスからくる男性ホルモンの増加からくるホルモンバランスの乱れもそうですが、女性の場合、性周期によってホルモンバランスが変化します。

女性は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン) という2つの女性ホルモンがあります。

卵胞ホルモンは、女性らしさをつくるホルモンで、黄体ホルモンは妊娠を助けるホルモンといったところでしょうか。

どちらも女性にとってはとても大事なホルモンです。

この2つのホルモンは、一定の周期でそれぞれの分泌量のバランスを変えます。

黄体ホルモンは、皮脂の分泌を活発にする働きがあります。

一定のバランスがとれていればいいのですが、ホルモンバランスが崩れてしまい、黄体ホルモンが多くなると、皮脂の分泌が多くなりあごのニキビを誘発してしまうというわけdなんです。

2-4・要因その4「寝不足」

「寝不足」も体にとって良くないことは承知のことと思います。

寝不足で朝起きた時に、お肌の調子が・・なんてことありますよね?

これは、交感神経と副交感神経の働きによるものです。

睡眠中は、副交感神経が優位になっている状態です。

この副交感神経ですが、心身を休め回復させる役割を担う神経です。

皮膚は昼間に蓄積されたダメージを副交感神経が優位になっている睡眠中に修復したり、新しい肌を生み出したりしています。

睡眠が不十分だと、こうした修復が追い付かないというわけです。

2-5・要因その5「冷え」

「冷え」があごのニキビと関係があるの?

と思うかもしれません。

体が冷えてしまうと、代謝が低下します。

もう説明は不要かもしれませんが、冷たい飲み物を飲みずぎるのもよくありません。

冷たいものを飲みすぎると胃や腸という消化器系の臓器が冷えて働きが鈍くなってしまいます。

結果、ホルモンバランスが崩れるといったことが起こるんですね。

3・では、結果あごにできるニキビ対策はどうするの?

a0001_017568

色々説明してきましたが、ではどうすればいいのでしょう?

現代社会で対策が難しいのが、「ストレス」や「ホルモンバランス」「寝不足」の改善ですよね?

「メイクの洗い残し」「冷え」に関しては多少改善ができるはずです。

あごにできるニキビの直接の原因は、皮脂の過剰分泌による皮脂の汚れから、アクネ菌が増殖、そしてあごニキビが発生となるわけです。

少し難しいのですが、極度な皮脂落としは、結果皮脂の過剰分泌を起こす可能性があります。だからと言って皮脂を落とさないとアクネ菌の巣窟になってしまいます。

肌の乾燥も皮脂の過剰分泌の原因の一つですので、ケアしやすい方法としては、いつでも肌に「水分を!」「うるおいを!」保つことがとても大事なんです。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加