「顔」のケアは万全なのに、あまり相手にされない「首」!

a0001_017419

首は、汗腺や皮脂線の少ない場所です。

にも関わらず、なぜニキビは発症するんでしょう?

その原因は、思春期にできるニキビとは大きく違うためです。

原因をまずは理解することが、首にできるニキビケアの第一歩と言えるでしょう。

1・首のニキビと首のイボ!違いは?

a0001_017431

首にポツポツってできるニキビ。

首から胸元にかけてのデコルテラインは自分ではあまり気にならない部分ですが、人からは意外にも視線を浴びる場所です。

そんなデコルテライン首に、ポツっとできるニキビ。

気になるのが、ニキビなのか?イボなのか?

ということです。

まず、発生する原因菌が違います。

アクネ菌や黄色ブドウ球菌などが原因で発症するニキビに対して、イボは、150種類以上もあるイボウイルス、「ヒトパピローマウイルス」や100種類以上もある「ヒト乳頭腫ウイルス」と呼ばれるウイルスが原因で起こります。

では、この見分け方はどうすればいいのでしょう?

見分け方には、「色」であったり、「形」であったり、「症状」であったりといろいろな見分け方があります。

例えば、ニキビの場合、初めは白色から炎症、赤くなっていくのに対し、イボは肌に近い色です。

形も、ほぼ丸のニキビに対し、イボは楕円形であったり、線状であったりと、その形は様々です。

また症状としても、炎症を起こしたニキビが痛いのに対し、イボは痛くもかゆくもありません。

しかしながら、これだけで確実にどちらかの判断ができるわけではないので、しっかり調べることが大事です。

2・なぜ汗腺や皮脂線の少ない首にニキビができるの?

a0001_017430

2-1・原因その1 紫外線

首というのは、紫外線が当たりやすい部分です。

肌は紫外線を浴びると、その刺激から守るため、皮膚を固く強くしようとします。

つまり、角質が固くなり、汚れが取れにくくなるんですね。

2-2・原因その2 外部刺激

首は、服の襟がかかる部分です。

襟との摩擦により、常に刺激を与えている個所です。

刺激は、肌にダメージを与えます。

また、襟の汚れを考えていただければわかると思いますが、汗などが付着し、菌が繁殖する場所でもありますよね。

2-3・原因その3 ホルモンバランスの乱れ

思春期にできるニキビは成長ホルモンの影響が大きいのに対し、首にできる大人ニキビは、2つの女性ホルモンのバランスが影響します。

女性ホルモンは、大雑把にいうと、女性らしさをつくる卵胞ホルモンと子供を産む環境をつくる黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンがあります。

この2つのホルモンがバランスよく出ているうちはいいのですが、子供を産む環境をつくる黄体ホルモンの分泌が増えると、皮脂を増やし角質を厚くする働きがあり、ニキビが起きやすくなってしまうんですります。

特に生理前は、黄体ホルモの分泌が多くなる時ですから、肌の調子が悪いことが多いですよね。

2-4・原因その4 洗顔の汚れ

髪を洗う。

顔を洗う。

洗い流した汚れは、すべて下へ、下へと落ちていきます。

髪から顔へ。

顔から首へ。

洗う順番として「メイク落とし→髪→体→顔」の順が望ましいのですが、髪を洗った後に体を洗いますから、髪の汚れは落ちますが、最後に顔を洗うことに、その汚れが首などに残ってしまう場合があります。

洗顔時に首までしっかり洗うことを心がけましょう。

3・原因から考える「首」のニキビ対策は!?

a0001_017426

顔のケアにはあれだけ神経が行き届いているのに、忘れがちな首のケア。

原因がある程度わかっていますから、その原因対策をすることが重要と言えるんですが、こちらが意外と難しかったりします。

例えば、紫外線などの外部刺激に対してですが、UVカットの化粧品などたくさんありますが、肌へ刺激を与えることにもなり、紫外線効果はみられるものの、ニキビに対しては逆効果になる可能性もあります。

また、紫外線を受けないよう、マフラーや服で首を隠したとしても、摩擦による刺激や衛生面などから、こちらも逆にニキビを増やす可能性があります。

ホルモンバランスの調整にいたっては、管理自体難しいと言えます。

暴飲暴食や、アルコール、ストレスなど、様々な原因がありますから、ここを改善することにより多少のホルモンバランスの正常化を図れるとは思いますが、意外にも難しいと思います。

ただし、だからといって、すべて対策をしなければニキビケアができるはずもありません。

洗顔後の汚れなどをきれいに洗い流すことは簡単にできますし、外的に肌をケアすることもできます。

忘れがちな首のケアは、少し気にするだけでその効果がしっかりとあらわれる場所ではないでしょうか。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加