プラセンタ以上の「ビオカタライザープラセンタ」がニキビをケア!

-shared-img-thumb-151026M_036r_TP_V

ニキビの原因には様々な要因が考えられます。

結果、ニキビのケアにも様々な成分が利用されます。

「ビオカタライザープラセンタ」は様々なニキビのケアに役立つ成分と言えます。

 

1.ニキビケアに「プラセンタ」の4大効果

-shared-img-thumb-BIS151026193472_TP_V

1-1・アクネ菌への抵抗力強化!そして抗炎症作用で治療。

ニキビの原因と言われる菌。アクネ菌は有名ですよね。

プラセンタには、そのニキビの原因菌、アクネ菌に対する抵抗力を高める効果があります。

また、抗炎症作用もありますから、アクネ菌で炎症しそうになる肌を守ったり、炎症した肌の症状悪化を抑える力があります。

 

1-2・肌の生まれ変わり「ターンオーバー」の正常化

肌のターンオーバーってそもそも何なんでしょう?

肌のターンオーバーとは、いわば肌の生まれ変わりです。

ニキビができる原因のひとつに、このターンオーバーの乱れが原因と考えられます。

通常一ヶ月近くのサイクルで行われるターンオーバーですが、これが早すぎても、遅すぎても正常な肌がつくられないんです。

いわば、質の悪い肌がつくられてしまうというわけなんです。

プラセンタにはアミノ酸が豊富に含まれています。

このアミノ酸には、ターンオーバーを正常に保つ働きがあるので、ニキビの改善の効果が期待できるというわけなんです。

1-3・ホルモンバランスの調整効果

ホルモンバランスが乱れると、肌だけではなく、体に様々な影響を及ぼします。

加齢やストレスにより、女性ホルモンが減り、逆に男性ホルモンが活発になると、ニキビが発生しやすくなるようです。

プラセンタには女性ホルモンのバランスを整える作用があので、ニキビケア用品にもよく使用されます。

 

1-4・ニキビ跡にも効く!

プラセンタはなんとニキビ痕にも効果的なんです。

メラニン色素を生成する酵素の働きを抑制し、色素沈着を防ぎますから、美白効果があり、化粧品にもよく使われています。

ニキビ発生により、皮膚の組織が破壊されてデコボコになっってしまうと、ニキビ痕として残ってしまいます。

プラセンタはコラーゲンなどの生成を促す作用があり、細胞を活性化。

ニキビ跡を軽減させることができるんですね。

2・胎盤の驚くべき力!

-shared-img-thumb-BIS151026473494_TP_V

「プラセンタ」は英語で「胎盤」のことを言います。

このプラセンタは、人の胎盤を原料とする「ヒトプラセンタ」と、ブタやウマの胎盤から抽出されるプラサンタの2種類があります。

「ヒトプラセンタ」は医療機関でしか使用できませんから、一般で市販されているプラセンタ含有商品は、ブタやウマの胎盤から抽出されるプラサンタが使用されています。

どのメーカーも、ブタやウマの健康管理・衛生管理体制胎盤には、かなり力を入れれいるようですから、安全性には問題がないと思われます。

哺乳類の胎盤から抽出された有効成分が「プラセンタ」です。

この胎盤で、1個の受精卵から3000グラム前後の赤ちゃんに育つわけです。

研究者ではない私でも、胎盤というものの未知数を期待してしまいます。

ただし、プラセンタにはタンパク質やアミノ酸が含まれています。

結果、アレルギー反応が起こる場合もあります。

 

3・プラセンタの上を行く「ビオカタライザープラセンタ」

-shared-img-thumb-BIS151026053940_TP_V

ここで紹介したいのは、プラセンタではなく、そのプラセンタの上を行く「ビオカタライザープラセンタ」です。

それじゃなくてもニキビケアにとても有効なプラセンタですが、そのプラセンタに比べ、より高い純度でより高濃度のエキスに生成されたものが「ビオカタライザープラセンタ」です。

ビオカタライザープラセンタの効果によって、よりよい効果が期待できます。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加