サリチル酸+ワセリンのW効果で肌をうるおし、ニキビケア!

hada12

サリチル酸はニキビ治療の万能薬と思われる程、ニキビケアに適した効果を発揮します。

ただし、効果がある分、副作用もあるのは事実ですから、使用方法に注意する必要がありますね。

1・サリチル酸がニキビへもたらす2つの作用とは?

hada14

1-1・サリチル酸は「角質を柔らかくする」働きがある!

サリチル酸には、肌の表面の角質層を柔らかくする働きがあります。

これを聞いただけで、ニキビケアに効果がありそうですよね?

ニキビケアの際には、このサリチル酸にワセリンを混ぜた「サリチル酸ワセリン」が使われています。

なぜワセリンを混ぜているのか具体的な内容はわかりませんが、ワセリンには皮膚を軟化する働きや、保湿する働きがあります。

また、肌やニキビの幹部にとても塗りやすくなることが考えられると思います。

あごニキビのような大人のニキビは、角質が硬くなることにより、角栓が発生。

結果、毛穴を詰まらせてしまい、アクネ菌が増殖、そしてニキビが発生します。

サリチル酸は角質を柔らかくする働きがありますから、角質の硬化を防いでくれます。

結果、あごニキビのような大人のニキビの発生を抑制することができるんです。

また、角質を柔らかくすることにより、すでに発生している毛穴詰まりを除去することもできますから、ニキビにとっては、大敵と言えますね。

1-2・サリチル酸は「ニキビ痕」にも効果が!

角質を柔らかくすることにより、古い角質も除去することができます。

すると、細胞が活性化し、肌にハリやうるおいが戻ります。

結果、ニキビ痕が減少していくというわけです。

1-3・サリチル酸は「アクネ菌を殺菌」する作用がある!

これだけニキビケアに対して、いろいろな効果のあるサリチル酸ですが、アクネ菌に対する殺菌作用をも持っています。

これだけ効果がそろっているとニキビケアに使用しない方がおかしいような気さえします。

2・サリチル酸は、「ケミカルピーリング」にも使用されている。

hada15

「ケミカルピーリング」と聞いて、すぐに理解できる方は、肌ケアを大事にしている方と思います。

ケミカルピーリングは、顔や背中などのニキビやシミの治療を目的とします。

皮膚表面の角質細胞をゆるやかにすることで、角質層に蓄積された薄い角質を除去します。

ケミカルピーリングは病院など行うことができます。

このケミカルピーリングに用いられるものが、グリコール酸やサリチル酸なんです。

サリチル酸の角質を柔らかくする力が認められている証拠ですね。

3・少し怖いサリチル酸の副作用を知る!

hada16

とても効果のある成分にはやはり副作用というものが存在します。

サリチル酸にも残念ながら副作用が存在します。

青春ニキビやあごニキビのような大人ニキビなどの種類を問わずその効果を発揮してくれるサリチル酸ですが、「過敏症状」を起こす可能性があります。

この過敏症状は、肌のほてりやかゆみ、赤みといった症状がおきます。

また、皮膚に塗る分には問題はないんですが、サリチル酸には、生物の発生段階において奇形を生じさせる性質や作用の「催奇性」も報告されています。

こちらは少し怖いお話ですから、妊娠中の方や妊娠している可能性のある方が使用する場合は、使用を避けた方が無難と思われます。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加