角栓により、アクネ菌に隠れ家を提供している!

hada14

角栓は毛穴を塞ぐ栓みたいなものです。

適度な角栓は必要なんですが、ニキビができる原因は、この角栓が出来すぎてしまっているということです。

角栓発生の量が多すぎる原因も様々ですから、原因を見つけケアすることがとても重要なんです。

 

1・角栓とニキビの関係って?

odoroki1

ニキビができる原因は、アクネ菌です。

ただ、このアクネ菌も、皮膚の表面にあるだけであれば、すぐに洗い流されていきますから、それほど悪さをすることはできませんよね?

でも、このアクネ菌に隠れ場所を与えてしまったらどうでしょう?

しかも、その隠れ場所の入り口はしっかり閉ざされた状態で。

毛穴のお部屋に、角栓のトビラを提供ということになります。

こうなれば、ニキビ発生はスムーズに!

毛穴がふさがれて、皮脂などが排出されずらい状況になり、アクネ菌が分泌するリパーゼが、毛穴にたまった皮脂を「遊離脂肪酸」と「グリセリン」に分解します。

この遊離脂肪酸が酸化することにより、過酸化脂質となり、ニキビという炎症を起こすことになります。

では、角栓をすべて取り除いてしまえば、ニキビは発生しないのでは?

と思いますが、角栓は、毛穴を外部の細菌などから守ってくれる役割も果たしています。

ですから、すべて取り除くということは逆効果になる可能性もあります。

角栓発生のバランスが良く成れば、ニキビを発生させずにすみます。

2・角栓ってどうしてできるの?

hada3
「角栓」って?

角質と脂質が混ざり合ってできた栓です。

では角質って?

タンパク質でできた表皮の上層部分です。

その古くなった表皮が、脂質と混ざり合ってできた栓が「角栓」ですね。

適度な量であれば問題のない角栓ですが、出来すぎが問題になります。

ここのバランスがうまくとることが出来れば一番いいのだと思いますが、それができないから発生したともいえます。

生活習慣に気を付けることも大事ですが、肌にうるおいなどを与える外部的なすぐにできるケアも必要です。

3・角栓を作らせない3つの方法とは?

hada10

角栓は、古い角質と皮脂が混ざってできるものです。

その角栓が多くなってしまってできるニキビ。

では、なぜ多く角栓がつくられてしまうのか、原因を考えることが重要になります。

3-1・角栓の材料、皮脂の分泌量を抑える!

皮脂の分泌量の変化は、様々な要因によって起こります。

例えば、女性ホルモンのバランスの乱れです。

女性ホルモンのバランスが崩れ、黄体ホルモン(プロゲステロン)が多くなっていくと、皮脂の分泌量は増えます。

この女性ホルモンのバランスを調えるには、ストレスをためないこと、栄養バランスに気を付けること、十分な睡眠をとることが重要です。

また、肌に刺激を与えることもよくありません。

刺激により、過度な脂質の分泌を促す場合もありますから、極力刺激を与えないようにしましょう。

そうすることにより、過度な皮脂分泌を抑えることができます。

3-2・角栓の材料、古い角質のケア。

古い角質というのは、肌のターンオーバーがとても影響します。

肌のゴールデンタイムと言われている時間があります。

夜10時からよく深夜2時までの4時間です。

この4時間というのは、一番肌に影響を与える時間帯です。

しかも、寝ていることが条件の。

このゴールデンタイムに睡眠がとれると、肌にとってはとてもいいと言われています。

肌のターンオーバーが正常に行われます。

しかし、このターンオーバーがうまくいかなかったり、肌にうるおいがなくなると、皮膚は固くなり、古い角質が残るようになってしまいます。

ゴールデンタイムの睡眠は難しいと思います。

しかし、肌にうるおいを与えるスキンケア用品は数多く存在しますから、保湿ケアにより、古い角質をあまり作らせないようにすることができます。

3-3・適度な運動は、角栓を溶かす!

運動が体にいいことは承知のことと思います。

血行が良くなりますから、代謝もよくなり、正常なターンオーバーも行えるようになります。

また、運動による体温上昇に伴い、角栓が溶かされることもあります。

適度な運動はきれいな肌をつくるにはとても効果的なんです。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加