毛穴つまりケアはニキビケアの基本です。

a0001_012503

ニキビケア方法やニキビ発生原因を調べていくと、様々なケア方法や様々な発生原因がわかると思います。

ただ、その内容の範囲が広すぎて、自分の原因は何か?

自分に適したケア方法は何か全く分からなくなると思います。

しかし、ニキビが発生する最終原因は、「毛穴つまり」。

では、この毛穴つまりを改善するにはどうすればいいのでしょう?

1・ニキビができやすい毛穴「脂腺性毛包」

a0002_004048

ニキビは、角栓によって毛穴が詰まり、塞がれた毛穴に皮脂が溜まることで悪化していきます。

その毛穴には、軟毛性毛包、終毛性毛包、脂腺性毛包の3つが存在します。

1-1・「軟毛性毛包」とは?

軟毛性毛包は、産毛を生やしている毛穴です。

皮脂腺がほとんどなく、皮脂の分泌が少ないことからニキビ発生の心配はほとんどないと言えます。

1-2・「終毛性毛包」とは?

髪の毛や、髭のような太い毛をはやしているのが「終毛性毛包」です。

皮脂腺もそれなりに発達していますが、比較的できにく毛穴と言えると思います。

1-3・「脂腺性毛包」とは?

ニキビのほとんどが、この「脂腺性毛包」です。

皮脂腺も大きく発達していて、皮脂の分泌も活発に行われます。

2・毛穴つまりの3大原因とは?

a0001_012470

2-1・皮脂の過剰分泌

毛穴つまりの原因として、まず皮脂の過剰分泌があげられます。

皮脂の過剰分泌には様々な理由がありますが、男性ホルモンの影響が大きい思春期であったり、過度のストレス、睡眠不足、食事、女性ホルモンバランスなどがあります。

皮脂が過剰に分泌されると、アクネ菌のエサが大量に肌に撒かれた状態です。

この皮脂と汚れなどが混ざり、毛穴を塞ぐ角栓にもなります。

皮脂は、肌バリアには欠かせないものでもありますから、すべてとりのぞくことはできませんが、過剰分泌には気を付けたほうがいいでしょう。

2-2・乾燥肌

大人ニキビの原因として、乾燥肌が大きな原因になっています。

しかし、皮脂分泌の少ないと思われる乾燥肌がなぜ毛穴つまりを起こすんでしょう?

乾燥して水分のなくなった角質は古く、硬くなっていきます。

そうなると、その毛穴はだんだんと細くなっていきます。

細くなってしまうと、ちょっとの皮脂でもつまってしまうんです。

乾燥肌になる原因として、紫外線やターンオーバーの乱れ、刺激などが考えられます。

2-3・メイクの落とし忘れ、シャンプーの成分。

毛穴つまりの一番わかりやすい原因として、メイクの落とし忘れや、洗顔時の洗い残し、などがあります。

また、あまり気にしない場合が多いようですが、シャンプーに含まれるシリコン成分が肌に付着して、毛穴を塞ぐ場合があります。

3・毛穴つまりのケア方法は?

a0002_004105
ニキビケアには、毛穴を塞いでしまう要因を取り除くことが重要です。

そのためには、皮脂の過剰分泌、乾燥肌、毛穴汚れを防ぐことが重要です。

まず、皮脂の過剰分泌の原因として考えられる、ストレスや睡眠不足、食事や女性ホルモンバランスですが、なかなか改善できないものですよね?

しかし、なんもしないのでは全く改善されませんから、できることとを少しでいいから実行してみましょう。

ほんの少しの違いで体はバランスを崩したりします。

逆に、ほんの少しの心がけで、体のいい変化をもたらします。

また、乾燥肌のケア方法ですが、こちらは、大人ニキビのケア商品はもちろん、化粧品メーカーなども力を入れているところと思われます。

皮膚の層ごとに、複数のヒアルロン酸を使用している商品など様々ですから、紫外線が当たらないようにしたり、ターンオーバーの乱れをつくらないことも大事ですが、ケア商品により、肌にうるおいを与えることが手っ取り早い方法だと言えます。

そして、化粧品、シャンプーですが、メイクをしっかり落としたり、洗顔時の洗い残しをつからない、体についたシャンプー成分をしっかり洗い流すことは重要ですが、ノンコメドジェニックタイプのファンデーションを使用したり、ノンシリコンタイプのシャンプーを使用することにより、改善されることもあります。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加