私は毎日何度もきれいに洗顔!もしかするとニキビ原因はそれ!

a0001_017605

ニキビの原因は、皮膚の汚れ!

なんていわれると、「いえいえ!私は毎日何度も丁寧に洗顔をしています。」をいう返事が返ってきそうです。

しかし、その洗いずぎが弱に原因の発端の場合があるんです。

1.ニキビに原因は皮膚を清潔に保っていないこと?

a0001_017568

ニキビの原因は、皮膚を清潔に保っていなかったから。

もちろん、清潔を保っている肌と、汚れがたまった肌であれば、汚れがたまっている肌はニキビができやすいと言えます。

しかし、いくら肌を清潔に保っていてもできてしまうのがニキビですよね。

ニキビができる原因は、アクネ菌と皮脂です。

こちらの2人が出会うことにより織りなす物語によって、ニキビは発生してしまうんです。

肌にもともと住みついている「アクネ菌」。

その肌に突然湧き出る「皮脂」。

皮脂はともかく、「アクネ菌」は「皮脂」が大好き。

私たちは毎日の洗顔で、この「アクネ菌」と「皮脂」を肌から追い払います。

しかし、中には追い払えない「アクネ菌」と「皮脂」が残ります。

追い払えなかったのは、毛穴の奥深くに逃げ込んだ2人。

毛穴に扉を付けてうまく隠れた2人です。

そんなうまく逃げ切れた2人がニキビを発症させるんです。

皮膚を清潔に保っていないこと解決ができそうですね。

しかし、あまりに清潔さを追求して、洗顔ばかりしていると、今度は追い払いすぎた皮脂を補わなくては!と皮膚が頑張りすぎて、皮脂の過剰分泌を起こします。

すると、かえってニキビができやすくなる場合がありますから、注意が必要です。

2.大人ニキビにはNG。洗顔のしすぎに注意!

a0001_017604

2-1・過剰な皮脂の洗浄が過剰な皮脂の分泌を産む。

前項でも少しお話をしましたが、ニキビの原因は「アクネ菌」と「皮脂」が原因です。

ですから、この両者を肌から取り除いてしまえば、ニキビはできないということになります。

しかし、アクネ菌はもともと皮膚にいつでも存在する常在菌のひとつです。

また、皮脂は肌バリアにはなくてはならない存在ですし、こちらもすべて取り除くことは不可能です。

そうなれば、少しでも多くのアクネ菌や皮脂を洗い流せばいいと思いますよね。

しかし、アクネ菌だけを洗い流すことはできないので、当然「皮脂」も洗い流します。

そうすると、肌バリアの低下を抑えるため、賢い体は皮脂の補充を開始します。

それも過剰なまでに。

アクネ菌のエサは増える一方ですね。

 

2-2・過剰な洗顔は、皮膚の損傷の恐れ。

肌をきれいにしようとするがあまり、力いっぱいゴシゴシと肌をみがくと、肌を傷つけ、かえってニキビを発症させたり、ニキビ痕が残ったりします。

 

2-3・洗いすぎによる乾燥肌に注意!

肌を洗いすぎると、皮脂は当然少なくなります。

すると、肌を守る役割も果たしている皮脂膜が弱くなります。

この皮脂幕が弱くなると、角質層にある水分がどんどん蒸発してしまい、乾燥肌になってしまうんです。

肌が乾燥すると、毛穴は細くなり、詰まりやすくなります。

細くなった毛穴には栓ができやすくなり、ニキビは発生してしまうといわけなんです。

3.正しい洗顔方法とは!

a0001_017606

3-1・水温に注意する

洗顔の最適温度は、約32度から34度と言われています。

この温度を気にしながら洗顔する人はあまり多くないのではないでしょうか?

ついついお風呂ついでに、お風呂の浴槽のお湯であったり、シャワーで済ませるケースが多いと思います。

お風呂のお湯や、シャワーの温度は、大体40度前後だと思いますが、40度前後のお湯で洗顔をすると、皮脂や保湿成分を過剰に洗い流してしまいます。

面倒でも入浴とは別で洗顔をしたり、洗顔時はその温度に気を配ってみてはいかがでしょう。

 

3-2・一日1回から2回。何度も洗わない!

洗顔をしすぎることも問題です。

皮脂は肌バリアの役目も果たしていますから、何度も洗顔をすると、過剰に皮脂が洗い流されてしまいます。

肌バリア機能の正常化を図るためにも、一日2回まで。

それでも肌が乾燥する場合は、1回に抑えてみてもいいと思います。

 

3-3・刺激成分を使わない。

肌に付着しているアクネ菌などを殺菌する場合、刺激の強い成分が鵜用になります。

しかしこういった成分は、肌に刺激を与え、かえって肌の状態を悪化させる可能性があります。

敏感肌の人はより注意が必要です。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加