メイクをとるか?ニキビケアをとるか?メイクですよね?であれば・・

a0001_017603

メイクがニキビにどう影響していようが、メイクをしないわけにはいかないでしょう?

ですよね。

でも、ちょっとした対策でニキビケアができます。

メイクはニキビと全く無縁。

そう思えるには、いったいどうしたらいいんでしょう?

 

1・メイクとニキビの関係性とは?

a0001_017605

大人ニキビの原因としては、ホルモンバランスの乱れや男性ホルモンにより、「毛穴が小さくなり、詰まりやすくなること」そして、肌が乾燥することによる「角栓の発生」が大きな原因と言われています。

ストレスや、食生活の乱れ、睡眠不足に、外的刺激、などなど、色々な理由はありますが、最終的にはこの2つのどちらかにつながっています。

では、メイクとニキビの関係性はどうなんでしょう?

「メイクがニキビに悪いのでは?」

なんとなくうなずける話ではありますが、どうやらメイクの成分が直接ニキビ発生に影響することは少ないようです。

しかし、もし今使用している化粧品がニキビ発生に影響を与えているのでは?と思った場合は、メイクは女性にとって必要不可欠なものですから、肌に合わない場合に化粧品を変えるのと同じく、ニキビが発生しにくい化粧品に変えると思います。

そんな場合は、ニキビへの影響が確認されないことが認められた「ノンコメドジェニック」の化粧品を使用するといいですね。

2・メイクがニキビに影響するのはこんな3つ原因があります。

a0001_017568

2-1・メイクによる毛穴塞ぎ

女性は大変です。

男性は朝起きて、歯を磨いて、顔を洗って・・

それで終わりですよね?

女性はそうはいきません。

メイクの時間をあの忙しい貴重な時間に作らなくてはならないんですから。

貴重な睡眠時間を割いてメイクの時間にあてるんですから。

シミが・・

「メイクで消しましょう。」

肌荒れ・・

「メイクで消しましょう。」

ニキビが・・

「メイクで消しましょう。」

時間を割くだけのことはあります。

まさにミラクルアイテムですから。

しかし、この見てほしくない部分を消そうと、一生懸命塗ります。

まず下地を塗ります。

そして、ファンデーション。

そのあとにフェイスパウダーなどなど・・

何層にも。

間違いなく毛穴を塞いでいますよね?

毛穴を塞ぐということは、乾燥肌同様、角栓をつくっているということになります。

ただし、この角栓はメイク落としをしっかり行うことできれいに落ちます。

メイク落としをしっかり行ことを心がけましょう。

 

2-2・メイクの成分がニキビに影響するの?

メイクに使用する化粧品は一体どれほどの種類があるんでしょう?

薬局へ行ってもその数の多さに戸惑ってしまいます。

「自分がいつも使用している化粧品はこれ!」ってほとんどの人が自分が使用し続けている化粧品があったりします。

たぶん自分の肌に一番合った化粧品だと思うからこそ、使い続けているんだと思います。

しかしながら、突然肌に変化があらわれたりすることがありますよね?

自分の体調の問題?

確かに、化粧品の成分が変わらない限り、それ以外に理由はないように思えますが、「もともとその化粧品の成分が肌に合わなかった」と原因も考えられます。

肌がずっと抵抗をしてきたのに、とうとう抵抗ができなくなってしまったという感じでしょうか?

化粧品全てがニキビに全く関係がないわけではありません。

ニキビができたり、肌が荒れたりしたときは、体調を考えることは大事ですが、化粧品を見直すことも大事なのかもしれません。

 

2-3・メイク道具の汚れ

メイクをする際の道具として、様々なものがありますよね?

ここで一つ質問です。

あなたは、メイク道具をどの頻度で洗っていますか?

意外と気にされていない方が多いようです。

例えば、ファンデーションに使用するスポンジ。

ファンデーションを付けているだけですから、特に問題なく感じますが、このスポンジには、肌の皮脂や、部屋の塵、埃などが付着します。

そんな皮脂と、塵や埃が、菌を発生させます。

そんなスポンジを使用する。

洗っていないメイク道具は想像以上に良くないものなんです。

面倒でも、メイク道具のケアはマメに行いましょう。

 

3・「ノンコメドジェニック」っていったい何?

a0001_017604

ニキビで悩む女性には、目にすることが多い「ノンコメドジェニック」という言葉。

いったい何なんでしょう?

「ノン」これは、無いよ~っていう意味ですよね。

「コメド」ニキビは、皮脂を分泌する毛穴が詰まり、詰まった毛穴の中に乾いた皮脂や角質がたまることで発症します。

このたまった状態をコメドといいます。

「ジェニック」生成する、生み出す、という意味です。

つまり、簡単に言えば「ニキビをできるものが無いよ」という意味ですね。

メイクに使う化粧品には、ニキビを悪化させたり、コメドを出来やすくするものがあると言われています。

ニキビを誘発させる成分を考えるのではなく、誘発させない成分だと証明する。

ノンコメドジェニック製品は、比較的皮脂腺の多い、人の背中で試験を行い、ある一定の基準を満たした場合、「ノンコメドジェニックテスト済み」「ノンコメドジェニック処方」などの表示をすることが出来るんです。

ニキビに影響する成分を含んでいないという実験をクリア済みですよ。

ということなんですね。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加