肌バリアの低下にによる「敏感肌」はどう対策すればいいの?

a0055_000457

ニキビができやすい肌質に、「敏感肌」があります。

ちょっとした刺激にも反応してしまう敏感肌。

いったいその原因や対策はどうすればいいのでしょう?

1・あなたは敏感肌?チェックしてみましょう。

a0055_000499

よく「敏感肌」と言いますが、「敏感肌」には何か基準があるんでしょうか?

これは敏感肌に限らず、乾燥肌、脂性肌にも同じことが言えます。

肌の保湿量が何パーセント以下だと乾燥肌。

この刺激を与えた場合に肌に基準値以上の変化をもたらした場合、敏感肌。

といったような基準があればわかりやすいんですが、そんな基準は一切ありません。

「私は敏感肌です。」と思えば敏感肌ですし、少しの刺激で肌に影響が出る人が「私は敏感肌ではない!」といえば、敏感肌ではないんでしょう。

証明するものがありませんからね。

ただ、私はどっちなんだろう?

と素直に疑問を感じている方は。こんなことをチェックしてみてはいかがでしょう?

・化粧品を変えると、肌にすぐ変化があらわれる。

・いつも使用している化粧品でも、肌に変化があらわれることがある。

・肌が乾燥すると、ヒリヒリしたり、かゆくなったりする。

・季節の変わり目は肌が荒れやすい。

・日に当たっただけで、赤い湿疹ができたことがある。

・汗をかくと、肌がかゆい。

・洗顔後、肌につっぱりを感じる

・冬場になると、肌の乾燥がひどくなる。

・旅行などに行くと肌があれる。

この内容にあてはまるものが多ければ多いほど「敏感肌」ということになります。

2・敏感肌になる原因にはいったいどんなものがあるの?

a0055_000460

2-1・間違ったニキビケアで敏感肌に。

ニキビはアクネ菌が原因。

確かに間違いではありません。

しかし、だからと言って、やみくもに顔をゴシゴシと洗えばいいものではありませんし、顔の皮脂を根こそぎ落としてしまえばいいものでもありません。

肌はとてもデリケートですから、力いっぱいにゴシゴシ顔を洗ったるすると、肌に傷をつけたり、その刺激から肌を守ろうと皮脂の分泌を促進させてしまいます。

また、肌を守る肌バリアは、皮脂を落としすぎると、その機能が低下します。

結果、敏感肌になってしまうというわけです。

2-2・食事が敏感肌に影響?

肌への影響は、外側からの外的刺激だけが原因ではありません。

それどころか、体の内側からの影響の方が大きいと考えられます。

肌には異物などの外敵から身を守るために、バリア機能を持っています。

このバリア機能に必要な成分に、細胞間脂質(セラミド)があります。

この細胞間脂質(セラミド)が、栄養不足などで体に取り込まれず、減少していくと、肌のバリア機能が正常に働かなくなり、ちょっとした刺激にも耐えることができない敏感肌になってしまうんです。

3・敏感肌対策には、肌バリア機能の向上!

a0055_000492

敏感肌によくない、刺激の強いアルコール成分。

毛穴を引き締めたり、その高い殺菌力からケア用品に使われることがあります。

しかし、肌の弱い人にアルコール成分はNGです。

では、私は肌が弱くないと思っている人は、アルコール成分は問題が無いんでしょうか?

敏感肌の方はもちろんですが、あまり気にしていない人でも、アルコールのような刺激の強い成分は避けるべきでしょう。

肌バリアを低下させ、通常肌から敏感肌になってしまう恐れがあります。

また、原因でも述べたように、肌バリアには「セラミド」が重要な役割を果たしています。

セラミドを、「外側から」、「内側から」のWケアすることにより、しっかり肌バリアが機能し、敏感肌を修復していってくれます。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加