とりあえずニキビを隠す。コンシーラーの力を借りますか?

-shared-img-thumb-BIS151026193472_TP_V

目にクマが・・肌にシミが・・そばかすが・・・ニキビが!

肌に襲い掛かる様々な敵を周りから見えなくするためにコンシーラーがよく使われます。

でも、正しい製品を選ぶこと、上手に使いこなすことができなければ、全くその意味がありません。

正しい製品、上手な使い方をしましょう。

 

1・気になるニキビをコンシーラーで上手に隠す。

-shared-img-thumb-BIS151026053940_TP_V
ニキビができてしまうと、どうしてもそこが目立ちます。

若いころであればともかく、社会人にもなるとやはりニキビの部分を隠したいと思います。

でも、ファンデーションで隠そうとしても、うまく隠せなかったりしませんか?

無理に隠そうとして、ファンデーションを厚塗りすると、かえって目立ってしまったり、またニキビを悪化させる原因にもなります。

こんな時にその力を発揮してくれるのが、「コンシーラー」です。

あるアンケート調査によると、コンシーラーを毎日使うと答えた女性は約半分。

しかし、そのうち、コンシーラーをうまく使えているという人は、2割程度しかしないようです。

ニキビを隠すために、コンシーラーを使用したけど、隠せない。

そんな結果になってしまっているようです。

実際のところ、プロの方でもコンシーラーでニキビをなどを隠すのは難しいそうです。

その患部が盛り上がっていたりするとより難しくなります。

上手な使い方として、まずニキビのまわりを埋めるようにコンシーラーを塗ります。

その後に、ニキビとその周りに抑えるようにファンデーションを塗りで抑えるように隠します。

挑戦してみてください。

2・コンシーラーを使用することで、ニキビが悪化する2つの原因!

-shared-img-thumb-151026M_036r_TP_V

2-1・メイク落としをしっかり出来ていないと悪化!

ニキビができる原因は、皮脂です。

皮脂の過剰分泌でも、皮脂の少ない乾燥肌であってもニキビはできます。

思春期ニキビに多い皮脂の過剰分泌の場合は、落としきれない皮脂により、アクネ菌は繁殖!

大人になってできる大人ニキビの原因、乾燥肌の場合は、毛穴が小さくなることにより、少しの皮脂で毛穴が塞がれ、角栓となりアクネ菌が落とせないことが原因です。

メイク落としがしっかりできていない。

ということは、乾燥肌の場合と同じ状態になります。

メイクの落とし忘れが毛穴に詰まり、毛穴内部にまんまと居座ることのできたアクネ菌によって、ニキビが発生してしまったりしますし、ケア用品を使用しても、毛穴が詰まっていることにより、効果のある成分が幹部までいきわたりません。

メイクは面倒でもしっかりきれいに洗い流すことが大切です。

2-2・油分の多いものを使うとかえって悪化の恐れ!

コンシーラーには油分を含むコンシーラーがあります。

隠すものによっては、問題なんですが、ニキビを隠そうとする場合、油分を含むコンシーラーは、かえって患部を悪化させたり、より多くのニキビを発症させてしまったりします。

肌にニキビの原因の皮脂を塗っているようなものですからね。

ニキビを隠すために使用するコンシーラーは、オイルカットの薬用コンシーラーを使用することをおすすめします。

3・コンシーラーを使わずにニキビを隠す方法は?

-shared-img-thumb-BIS151026473494_TP_V
ニキビを隠すためにコンシーラーを使う。

でも、あまりニキビにはいいとは言えませんよね?

コンシーラーなどを使わずにニキビを目立たなくする方法はあるんでしょか?

3-1・なるほど!マスクを使用!

風邪の予防、人に風邪をうつさないため、花粉対策、PM2.5対策。

今や様々な理由によりマスクを使用している方がいます。

マスクをしていれば、その部分を隠すことができますよね?

「おでこ」の場合は無理ですが、、鼻、頬、鼻の下、あご、おおよその部分をカバーできます。

無理な化粧の厚塗りしなくて済みますから、肌にいいですよね?

3-2・ファイスパウダーを上手に使用。

コンシーラーやファンデーションと比べると、落としやすいパウダー。

ミネラルパウダーやベビーパウダーなどがあります。

上手に使えば、ニキビを目立たなくすることができますし、落としやすいので、悪化を防ぐこともできます。

ファンデーションより優しいコンソーラー。

コンシーラーより優しいパウダー。

少し工夫し、より肌に優しいものを使用するといいですね。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加