ニキビとビタミン。ニキビとミネラル。その関係とは?

-shared-img-thumb-PAK72_kawamurasalon15220239_TP_V

ニキビケアにいいものってたくさんあります。

ニキビを悪化させる要因もたくさんあります。

ニキビの原因に、食生活の乱れ。

栄養の偏りがあります。

でお、どういった栄養がニキビに影響するんでしょう?

 

1・ニキビに影響?ビタミンやミネラルとはいったいなに?

-shared-img-thumb-150912275732_TP_V

1-1・ミネラルってなに?

ミネラルとは、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンの五大栄養素のうちのひとつです。

地球上に存在する元素のうち、「水素」、「炭素」、「窒素」、「酸素」を除いたものをミネラルというんです。

ニキビとは少し関係なくなりますが、100種類程ある元素の中で、人体に欠かせないミネラルとして、ナトリウム、マグネシウム、リン、イオウ、塩素、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素の16種類が知られています。

そのなかで、厚生労働省が摂取基準を決めているのは、イオウ・塩素・コバルトを除く13種類のミネラルになります。

このミネラルには、骨や歯などの組織構成材料としての役割であったり、各機能の調節を行ったり、たんばく質などと結合して働いたりします。

このミネラルは、多く摂取してもダメ。

摂取量が少なすぎてもダメと、少し難しいものです。

よく不足しやすいミネラルとして、カルシウムや鉄などがあります。

逆に、とりすぎが心配なミネラルとして、塩やしょうゆなどに多く含まれるナトリウムなどがあります。

1-2・ビタミンってなに?

ビタミンとは、先ほども説明したとおり、五大栄養素のうちのひとつです。

ミネラルとの大きな違いとしては、ビタミンは元素から成る有機化合物であるということです。

偶然か、こちらもヒトのビタミンとして、13種が現在認められています。

ビタミンA、ビオチン、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、ビタミンCです。

こちらのビタミンは、体を形成する成分ではありませんが、人が健康を保つうえで欠かせない栄養素なんです。

 

2・なぜビタミンやミネラルが不足するとニキビができやすいの?

-shared-img-thumb-PA151026033997_TP_V

2-1・なぜミネラルが不足すると、ニキビができるの?

ミネラルに含まれる、カルシウム、亜鉛、マグネシウムなどが、ニキビに対して影響すると言われています。

カルシウムは、ホルモンの分泌の調整や、免疫の機能を高める働きがありますし、亜鉛には、肌の代謝を高める作用や、免疫力を高める力があります。

また、マグネシウムは肌バリア機能を高める力があります。

ミネラル不足により、肌のターンオーバーがうまく行われなかったり、肌のバリア機能が弱まることにより、ニキビが発生してしまうというわけです。

2-2・なぜビタミンが不足になると、ニキビができるの?

ニキビに影響するビタミンの中でも、ビタミンB2、B6、パントテン酸、そしてビタミンCの影響が大きいです。

ビタミンB2には、脂質の代謝を促す作用があります。

脂質の代謝を促してしまうと、かえってニキビを悪化させてしまう気がしますが、ニキビの悪化原因は、脂質が溜まることです。

脂質が正常に代謝されていれば、古い脂質がたまることがなく、ニキビを発症しにくくするというわけです。

また、ビタミンB6には、肌の生まれ変わり、ターンオーバーの働きを助けます。

ターンオーバーが正常に行われると、ニキビをできにくくするのはもちろん、ニキビ痕をできにくくもします。

そして、パントテン酸ですが、こちらは皮脂の分泌を抑える作用があります。

そうなると、もう説明は不要ですよね?

皮脂の過剰分泌によりニキビができやすくなります。

その皮脂の分泌を抑えてくれますから、ニキビはできにくくなりますよね。

最後にビタミンCですが、こちらはとても優れた抗酸化作用があります。

炎症ニキビの原因となる活性酸素の働きを抑えますから、ニキビや、肌だけではなく、体にとても重要なビタミンになります。

3・ビタミンやミネラルを補う方法とは?

-shared-img-thumb-150912335966_TP_V

ビタミンやミネラルは残念ながら体内で生成できる成分ではありません。

したがって、外部から補う必要があります。

一般的には食べ物から摂取します。

ビタミンB2を多く含む食品として、豆類やレバー、牛乳、ヨーグルトや卵などがあります。

また、ビタミンB6を多く含む食品としては、ニンニクやマグロ、カツオ、またこちらもレバーに多く含まれています。

パントテン酸は?

聞きなれないものですからわかりずらいとは思いますが、こちらも豆類やレバー、卵などに多く含まれています。

そしてビタミンCです。

こちらは有名人ですから知っている方がほとんどだと思います。

レモンなどの柑橘類、イチゴやキウイ、小松菜やゴーヤなどに多く含まれています。

最後に、ミネラルですが、海藻類、野菜、果物、豆類、きのこ類、芋類に多く含まれます。

摂取する際に少し気を付けることでガラッっとニキビの悩みが改善されるかもしれませんよ。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加